快糖茶の安全性と副作用


快糖茶は、難消化性デキストリンという成分を含んでいる健康食品です。
この難消化性デキストリンが、血糖値や血中の中性脂肪値を下げる効果の要になっています。

これらの効果を実感するためには、毎日欠かさず飲んで、根気よく続けていくことが大切です。
しかし、毎日飲むものだからこそ、「安全性に問題はないか」「副作用などが怖い」と、心配になることもありますよね。

快糖茶は、成分はもちろん、製造方法も安心・安全にこだわって作られています。
毎日飲んでも有害なものではありません。
この記事では、快糖茶が安心して毎日飲めるお茶である根拠を紹介していきます。

公式サイトはこちら

関連記事:快糖茶の口コミ・評判を知りたい方はコチラ

快糖茶は安全なの?消費者庁にも届け出た機能性表示食品!


快糖茶は、機能性表示食品という、消費者庁に届け出ている食品区分の商品です。
これにより、難消化性デキストリンの「届出表示」ができます。

しかし、機能性表示食品といっても、どのように安全に関与してきているのかはわかりにくいですよね。
この機能性表示食品が、ただの健康食品とどう違うのか解説していきます。

公式サイトはこちら

機能性表示食品とは


機能性表示食品は、トクホ(特定保健用食品)や栄養機能食品と並んだ、新しい健康食品の区分です。
入っている成分により、「こんな健康増進効果がありますよ」というのをパッケージに表示できるもので、ここが一般の食品と異なるポイント。

トクホは、食品ごとに消費者庁に許可を得て表示するものです。
栄養機能食品は、ビタミンなどの健康増進効果のある成分を一定以上含んでいると、届出や許可なく表示することができる食品区分です。

機能性表示食品はそれらの食品と異なり、その安全性・機能性・品質管理・健康被害情報収集体制について調査してまとめ、消費者庁に届け出ることで届出表示ができます。

消費者庁は、その届け出た情報をもとに、消費者に情報提供を行うのです。

たとえば快糖茶の場合、公式ホームページに、このような表示がされています。

「届出番号C354」は、機能性表示食品として消費者庁に届け出たときの登録番号です。
この番号を、消費者庁の検索ページで調べると、快糖茶がヒットします。


出典:消費者庁「機能性表示食品の届出情報検索」

詳細な届出情報も載っているので、興味のある方はぜひ確認してみてください。

以下は快糖茶のパッケージです。

ホームページにも、このパッケージにも「食後に上がる血糖値や中性脂肪を抑える」とありますが、これが機能性表示食品にとって重要な表示になります。
「届出表示」といわれ、この内容で消費者庁に届け出をしました、という健康食品の効果に当たる部分です。

快糖茶に限らず、機能性表示食品を選ぶ際はこの「届出表示」をよく読んで購入しましょう。
そして、可能なら消費者庁のページで検索して、信ぴょう性があるかどうか確認してからのほうが、より好ましいです。

公式サイトはこちら

機能性表示食品である快糖茶の安全性


さきほど、機能性表示食品はその安全性・機能性・品質管理・健康被害情報収集体制について消費者庁に届け出る必要があると解説しました。
これが、普通の食品と機能性表示食品の安全性の大きな違いになります。
快糖茶のそれぞれの届出内容について、紹介していきます。

安全性

快糖茶の安全性の評価は、消費者庁検索ページによると、

    • 「既存情報による食経験の評価により、十分な安全性を確認している」
    • 「既存情報による安全性試験結果の評価により、十分な安全性を確認している」

の2点によりなされています。

快糖茶の主成分、難消化性デキストリンは、1998年よりトクホとして許可された食品に含まれており、ここまで重篤な副作用などのリスクはありませんでした。
また、安全性に関わる検査も過去に行われていて、それもクリアしている成分です。

これらの経験上のデータと検査結果により、快糖茶の安全性は問題ないとされています。

機能性

機能性とは、その健康食品を摂取することで期待できる効果のことです。
快糖茶の場合は、血糖値や中性脂肪を抑える効果になります。

消費者庁検索ページによると、快糖茶は「最終製品ではなく、機能性関与成分に関する研究レビューで、機能性を評価している」となっています。
つまり、快糖茶自身ではなく、主成分の難消化性デキストリンの効果を評価した上で届出をしているようです。

機能性に関わる試験は、ヒトを対象とした実験をしています。
実験は、難消化性デキストリンとプラセボ(なんの効果もない見た目が同じの偽薬)をそれぞれ飲むグループを作り、そのグループ間で効果を比較するといったもの。

この試験を通じて難消化性デキストリンは、

    • 「食事と共に摂取することにより、食後の血中中性脂肪値上昇が抑制されることが示唆された」
    • 「食事と共に摂取することにより、食後の血糖値上昇が抑制されることが示唆された」

という結果になっており、機能性も十分であると届出がされています。

公式サイトはこちら

品質管理

品質管理は、快糖茶の製造工場がどのような安全性に配慮した運営をしているかというのを示す項目になります。

消費者庁検索ページによると、
「作業エリアは、倉庫等とは区画を分けており、意図しない製品の汚損等が発生しない様にしている」
などの安全性に配慮した記述が複数見られます。

快糖茶は安全性に配慮した環境で製造されている、という内容の届出です。

快糖茶の工場は、GMPという品質管理の省令に関わる基準であると、認証を受けています。
GMPというのは、日本語だと「医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準」となります。

簡単にいうと、工場の設備を整え、マニュアル化することで、誰が作業をしても安全な製品を作れるようにしておくということです。

GMPは医薬品の製造工場にも認証されている、厳密な制度です。
快糖茶は品質管理においても、安心できる商品といえるでしょう。

公式サイトはこちら

健康被害の情報収集体制

これは、実際の健康被害の有無についてではなく、「健康被害の情報を集める姿勢があるか」という項目です。

具体的には、コールセンターやお問い合わせ専用アドレスを設置していれば、「健康被害の情報収集体制は問題なし」となります。
もちろん快糖茶は、専用のコールセンターとアドレスを設置しており、消費者庁にも届け出ています。

健康被害があった場合に、それを相談できる窓口があるのは、続けていく上で安心できますよね。

公式サイトはこちら

快糖茶の原材料・成分解説


次に、快糖茶に含まれている成分や商品情報について解説していきます。

機能性表示食品に関わるものだけでなく、快糖茶はその他の成分についてもこだわって作られています。
また、飲み方や注意点を明確にしてくれてあるのも、安心のポイント

購入前に、商品情報をしっかりチェックしておきましょう。

公式サイトはこちら

快糖茶の商品情報


以下に、快糖茶の商品情報を載せます。


出典:https://www.amazon.co.jp/

成分のほか、基本的な情報がすべて載っているので、飲む前に確認をしておきましょう。
これはamazonの情報ですが、公式サイトでは飲み方などをさらに明確にしてくれてあります。
そちらも熟読しておくのをおすすめします。

公式サイトはこちら

快糖茶の原材料解説


次に、難消化性デキストリンをはじめとする、快糖茶に含まれている成分について紹介していきます。

主成分だけでなく、こだわりのお茶成分についても詳しく解説!
美味しく飲むためにも、快糖茶についてもっと詳しくなりましょう。

難消化性デキストリン


難消化性デキストリンは、快糖茶の主成分です。
これを含んでいるため、快糖茶は機能性表示食品になっています。
難消化性デキストリンは、快糖茶の「機能性関与成分」と呼ばれる、直接的な効果が期待できる成分です。

効果は、食事中の糖分や脂肪分に働き、血糖値や中性脂肪値を下げる効果が期待できるということ。
それでは、難消化性デキストリンの効果を詳しく掘り下げていきましょう。

食事中の糖分に対しては、糖分が細かく、吸収されやすくなるのを抑える働きが期待できます。
私たち人間は、ご飯やパンなどの炭水化物を摂取して生きていますが、これが糖質のもとであるということはご存知でしょうか。

炭水化物は消化管内で細かく分解され、最終的に小腸で吸収されます。
難消化性デキストリンはこの分解を抑え、炭水化物が糖になるのを防いでくれるのです。
吸収されなかった炭水化物・糖質はそのまま排泄されていきます。

脂質に対しても同じようなことがいえます。
脂質も小腸から吸収しますが、小腸の中では胆汁酸という消化酵素により、ミセルという膜を張っているのです。
ミセルがあることで、脂質は吸収されにくくなります。

難消化性デキストリンは脂質を包んでいる、このミセルという膜を安定化することにより、吸収されにくくしているのです。

快糖茶は食事と共に摂取すると効果がより期待できますが、その理由は糖質や脂質に対する、このような理由が関わっています。

また、忘れてはいけないのは、難消化性デキストリンが食物繊維であるということ。
食物繊維は腸内の環境を整え、自然なお通じを促す効果が期待できる成分です。
お通じにお悩みの方にも、快糖茶はぴったりですよ!

しかし、このお通じを促す効果により副作用の可能性も。
それは、効きすぎてしまうことです。つまり、下痢をしてしまうリスクがあるのです。

快糖茶を摂取する際は、お腹の調子に注意しながら飲むようにしましょう。
量や濃度を調節するのもおすすめですよ。

緑茶末


快糖茶に含まれる緑茶は、すべて国産のものです。
美味しさの秘訣ともいえる緑茶ですが、実は血糖コントロールや脂肪の燃焼効果にも一役買っているのです。

緑茶には「カテキン」という成分が含まれていて、これは脂肪の代謝を促す効果があるとされています。
太る原因の「カロリー」…つまりエネルギーですが、これが消費カロリー<摂取カロリーになると、脂肪が増えて太ってしまいます。
カテキンを含んだお茶を飲むことで、このカロリーの消費を促す効果が期待できるのです。

難消化性デキストリンと同じく、緑茶は血糖値の急上昇を防いでくれる効果も期待できます。
やはり、快糖茶は食事と一緒に摂取することで、より効果が期待できるお茶と言えるでしょう。

ちなみに、濃いカテキンの配合された緑茶が「内臓脂肪を落とす」という効果で、トクホになっていたりもします。

また、緑茶やコーヒーにも含まれているカフェインも、代謝を上げる効果があるとされています。
糖質や脂質の代謝を上げることで、血糖値や中性脂肪値を下げる効果が期待できます。

カフェインには食欲減退効果もありますが、緑茶やコーヒーを大量に飲んで食事量自体を制限するというのは大変危険です。
食べ過ぎるのも良くないですが、過激な食事制限はもっと危険なので、カフェインの食欲減退効果はおまけ程度に考えましょう。
食生活を改善するなら、バランスよく摂取するようシフトチェンジする方向にしてくださいね。

快糖茶は、1日1回、100mL~150mLを水かお湯に溶かして飲むのが推奨の飲み方ですが、緑茶自体はもっと飲んでもよいお茶です。
血糖値や中性脂肪値が気になる方は、普段の水分補給を緑茶に切り替えていくと、より効果が期待できるかもしれませんね。

難消化性デキストリンの効果ばかりに目が行きがちですが、お茶成分もしっかり効果の手助けをしてくれているんですよ!

公式サイトはこちら

玄米粉


玄米粉は、その名の通り、玄米を粉にした成分です。
玄米自体には血糖値や中性脂肪値を下げる効果は期待できませんが、栄養満点の食べ物なんです。

白米に比べて、玄米は食物繊維を豊富に含んでいます。
難消化性デキストリンも食物繊維の一種ですが、玄米に含まれている食物繊維も同じくお通じの改善効果が期待できます。
お通じにお悩みの方には、玄米粉は適した食材といえるでしょう。

また、玄米はビタミンやミネラルを含んでいるのも特徴。

ビタミンの中では、ビタミンB群とEを豊富に含んでいます。
ビタミンB群はさまざまな効果が期待できますが、美肌などには欠かせない栄養素です。ビタミンEには抗酸化作用があり、老化予防効果も!

ミネラルの中では、むくみ解消に効果が期待できるカリウムなどを豊富に含んでいます。

玄米粉は、美容や健康に悩んでいる方におすすめの成分ですよ!

抹茶


抹茶は、期待できる効果は基本的に緑茶と同じです。
しかし、抹茶だからこそのいいところもあります。

抹茶は、お茶の葉を粉末にして、それをそのままお湯に溶かし飲むものです。
通常の緑茶は、お茶の葉を煎じて、出がらしの部分は摂取しないことがほとんどですよね。

しかし、抹茶はお茶の葉をまるごと摂取できるので、緑茶の栄養成分をまるごと摂取することができます。

ちょっと苦いのが玉にキズですが、快糖茶ならそんなお悩みも無用。
緑茶と玄米粉と一緒に配合しているので、無理なく摂取することができます。

抹茶の苦みが苦手な方でも、快糖茶なら美味しく飲むことができますよ!

公式サイトはこちら

快糖茶は妊婦や子供でも飲むことができる?


メーカーのコメントでは、「健康食品ですので、特に問題となる成分は含まれておりません。心配な場合は念のためかかりつけのお医者様にご相談ください。」とのことです。

難消化性デキストリン自体は、妊娠中に摂取してはいけないものではありません。授乳中の方も同様です。
むしろ、食物繊維を積極的に摂取して、薬に頼らない自然なお通じを目指すことは、妊娠中の健康管理として好ましいことです。

しかし、妊娠中に血糖値が高いということには、注意しなければなりません。
妊婦の方の高血糖は妊娠糖尿病と呼ばれ、ハイリスク出産につながる可能性があるからです。
妊娠中、治療が必要なくらいの高血糖になってしまうと、インスリン注射などで対応することがあります。

妊娠中の高血糖は、お茶やサプリメントを使った自己解決ができないことがほとんどなので、対策はプロに任せるようにしてくださいね。
早期発見のためにも、妊婦検診の際の血液検査は、積極的に受けましょう。

また、快糖茶は緑茶や抹茶を使っているので、カフェインが含まれています。
妊娠中でも、多少のカフェイン摂取は問題ないとされていますので、摂取は問題ないです。
しかし、カフェインを避けている方は、摂取しないようにするか、少なめにしておきましょう。

お子さんの場合も、快糖茶は摂取しても問題はないです。
しかし、上記の通りカフェインが含まれているので、寝る前などは避けてあげた方が良いかもしれませんね。

また、お子さんの血糖値や血中脂肪が高いのには、注意が必要です。
糖尿病などの病気が隠れている可能性がありますので、血液検査値に異常があれば、医療機関を受診するようにしてください。

お子さんの糖尿病の場合、多くは1型糖尿病と呼ばれる病気で、こちらもインスリン治療が必須のものです。
やはりお茶やサプリメントで改善できるようなものではないため、必ず医師に相談するようにしてくださいね。

妊娠中の方やお子さんでも快糖茶を摂取できますが、不安がある方は必ず医師などの専門知識がある方に、相談してからにしましょう。

公式サイトはこちら
tiraをフォローする
快糖茶の口コミとダイエット効果 最安値で購入する方法も徹底解説!
タイトルとURLをコピーしました