快糖茶の効果的な飲み方 いつ何でどのくらい飲めばいいか?


血糖値や中性脂肪を下げる効果が期待できる、快糖茶。
快糖茶は健康食品のため、推奨されている飲み方はあるものの、絶対にこう使わなければならないという決まりはありません。

しかしどうせ飲むのなら、効果を最大限に実感したいと思いませんか?
今回は、快糖茶のおすすめの飲み方について解説していきます!

公式サイトはこちら

関連記事:快糖茶の口コミ・評判を知りたい方はコチラ

快糖茶は何で飲めばいい?


快糖茶は、お湯または水に溶いて飲むタイプの粉末に加工されたタイプのお茶です。
普通に溶いても美味しいですし、アレンジを試してみても良いかもしれません。
以下では、快糖茶の美味しい飲み方について解説していきます。

飲み方解説


基本的には、お湯でも水でも、100mL~150mL程度に溶かせば美味しく飲めるでしょう。
よくかき混ぜてからお召し上がりください。

特に、夏場はアイスで飲むのがおすすめです。
水分補給の置き換えとして、脱水症状予防の役割も期待できて一石二鳥です。

1日1杯程度が目安です。
多めに飲むことも可能ですが、お腹を下してしまう可能性もあるので、増量する際は少しずつにしましょう。

抹茶・緑茶ベースなので、抹茶ミルクを試してみるのも美味しいかもしれません。
お砂糖を入れる際は、くれぐれも入れすぎないようにしてくださいね。

その他にも、最後に粉末緑茶を使ったアレンジを紹介しているので、ぜひ最後までチェックしていってくださいね!

公式サイトはこちら

快糖茶の飲むタイミングは?いつ飲めばいい?


快糖茶は、飲み方はもちろん、飲むタイミングが重要です。
飲むタイミングによっては、ほとんど効果が実感できない可能性も…。
そうならないために、飲むのにぴったりなタイミングを覚えておくことは、重要です。

飲むタイミング解説

快糖茶を飲むタイミングとしての正解は、ズバリ食事中です。
食前~食直後くらいで摂取できれば問題ないでしょう。

健康食品のため、「絶対に食事中に飲まないと効果がない!」と言えるものではないですが、食事中に飲むべきなのには理由があります。
それは、難消化性デキストリンの効果です。

難消化性デキストリンは、食事中の糖分や脂肪分の吸収を抑えることで効果を示します。
食事中の成分にはたらくということは、胃や腸の中で食事と快糖茶が共存していなければ、効果が薄いということです。
最大限の効果を得るためにも、できるだけ食事と一緒に摂取することがおすすめですよ!

朝・昼・夕でどの食事と一緒に摂取しても問題ないですが、一般的な食生活の方におすすめは夕食時
夕食は、朝や昼の食事に比べ、ボリュームが多かったり脂質量が多かったりすることが多いからです。
高糖質・高脂質の食事と一緒に摂取すれば、より効果が期待できますよ。

もちろん、朝や昼のほうがボリュームの多い食事を摂っている方は、その食事に合わせて摂取してくださいね。

快糖茶は日本人の食事によく合う、緑茶ベースのお茶です。
食事中に摂取するのも苦にはならないことが多いので、ぜひ食卓のお供に快糖茶を楽しみましょう。

また、難消化性デキストリンは食物繊維の一種のため、お通じを促す効果も期待できます。
過量摂取しなかったとしても、体質によってはお腹を下してしまう可能性もあります。
心配な方は、トイレに行けないタイミングの前には摂取を控えた方が安心です。

忘れてはいけないのは、緑茶ベースの快糖茶には、カフェインが含まれているということです。
カフェインを練る前に摂取すると、覚醒作用で眠れなくなる可能性があるので、寝る前はなるべく避けましょう。

公式サイトはこちら

快糖茶を飲み忘れた時はどうすればいい?


快糖茶は、毎日飲んでこそ効果が期待できるお茶。
そうわかっていても、飲み忘れてしまうこともありますよね。
飲み忘れてしまった際の対処方法と注意点について解説していきます。

飲み忘れた場合の対処法


飲むのに決まったタイミングがある場合は、少し時間をずらして飲んでも問題ないでしょう。
たとえば、ランチのお供に快糖茶を飲んでいた場合、おやつの際や夕食後にずらして飲んでも、特に効果に影響はないです。
重要なのは、何か食べものを摂取するときに一緒に飲むようにすること
難消化性デキストリンの効果を最大限にするためにも、覚えておいてくださいね。

次の日に飲み忘れたことに気付いた場合は、その日の分だけ飲むようにしましょう。
快糖茶は長く続けていくものなので、1日くらい飲み忘れても大きな影響はないと考えられます。

1日ならほとんど問題ないですが、1週間、1か月と飲まずにいると、そこまで継続してきた効果が無駄になってしまう可能性もあります。
なるべく飲み忘れないようにしましょう。
また、滞りなく継続するために、快糖茶を切らさないようにしっかり予備を持っておくことをおすすめします。

注意しなければならないことは、飲み忘れてしまったからといって、数日分をまとめて飲んでしまうこと。
これをしてしまうと、普段の倍量以上をいきなり摂取することになり、体に負担がかかる可能性があります。
具体的には、お腹を下してしまうという症状が考えられるので、普段飲んでいる量を逸脱して過量摂取しないようにしましょう。

公式サイトはこちら

飲み方に特に注意したほうがいいケースについて


快糖茶は健康食品なので、「こういう方は摂取すると健康被害があります」ということはありません。

しかし、人によっては飲み方に注意した方がよい場合もあります。
快糖茶の飲み方に注意した方がよい方と、おすすめの飲み方を紹介していきますので、該当する方は参考にしてみてください。

お腹が緩くなりやすい方


快糖茶の主成分、難消化性デキストリンはお腹の調子を整える成分です。
通常はお通じがよくなったり、便の状態が改善する効果が期待できたりするのですが、もともとお腹が緩くなりやすい方は注意しましょう。

通常1日1回、1袋を飲みますが、それでお腹が緩くなってしまう場合は、2日に1回にするのをおすすめします。
毎日飲みたい場合は、通常より多めの水かお湯に溶いて、薄めてから飲むようにするといいでしょう。

妊婦・授乳婦の方


妊娠中の方や、授乳中の方でも快糖茶は飲むことができます。
しかし、念のため主治医や助産師に確認してからのほうが、安心して飲めるでしょう。

快糖茶は緑茶をベースにして作られているので、カフェインが含まれています。
1日1杯の快糖茶に含まれる程度のカフェインなら、妊婦・授乳婦の方が摂取しても問題ないとされていますが、気になる方は控えておいたほうが安心かもしれません。

また、妊娠中に便秘で悩まされて、下剤を服用している方もいらっしゃると思います。
快糖茶に含まれる難消化性デキストリンもお通じを促進するはたらきがあるので、下剤と併用する際は、時間を空けるなどしたほうが安心です。

お子さん


お子さんも快糖茶を飲むことはできます。
しかし、大人が飲むよりも、お腹の調子に注意しながらあげるようにしてください。

また、大人以上にカフェインによる覚醒効果が出る可能性もあるので、寝る前などに飲むのは避けるようにしてください。

お子さんが飲む際は、少量から、または薄めの状態から開始するのをおすすめします。

薬を服用している方


普段からお薬を飲んでいたり、病気の治療をしていたりする方が飲む場合は、まず主治医に相談することをおすすめします。

併用が不可能な医薬品はありませんが、いくつか注意の必要なものがあるので注意しましょう。
たとえば下剤を服用している場合は、難消化性デキストリンとの併用で通常より便通がよくなり、下痢をしてしまう場合もあります。

その他にも、カフェインと少し相性の悪いお薬も存在します。
これらの注意が必要な医薬品を飲んでいる方は、快糖茶と飲む時間をずらすようにしましょう。

公式サイトはこちら

食物繊維の豊富な食材と、摂取におすすめの方法


難消化性デキストリンは食物繊維の一種です。
食物繊維はお腹の調子を整え、お通じを促す効果があります。

普段から便秘でお悩みの方は、難消化性デキストリン以外にも食物繊維を摂取することをおすすめします。
普段から摂取しやすい、食物繊維を豊富に含む食材をいくつかお伝えします。

繊維質の野菜


食物繊維といえば、ごぼうを思い浮かべる方が多いと思います。
ごぼうやセロリなどの繊維質の野菜には、実際に食物繊維が多く含まれています。
サラダの他に、きんぴらごぼうなど、多めに摂取しやすい形にするといいでしょう。

また、食物繊維は海藻などに多く含まれていますが、海藻を多量に摂取するのはなかなか大変ですよね。
他の野菜と組み合わせて、サラダや汁物として摂取するのがおすすめですよ。

玄米

簡単に食物繊維を摂取する方法の1つとして、普段食べている白米を玄米に変更してみるという方法が挙げられます。

白米よりも玄米のほうが食物繊維を豊富に含んでいるほか、玄米にはミネラルなどの栄養素がたくさん!

普段から偏った食生活をされている方ほど、玄米を主食にしてみるのはおすすめですよ。
簡単に置き換えることができるので、ぜひご家族で試してみてください。

あの果物にも食物繊維がたっぷり!

バナナに食物繊維がたくさん含まれているのはご存知でしょうか。
朝食時に1本追加するだけで、お通じのお悩みが少しでも改善されるかもしれません。

未熟なバナナほど繊維質が多いとされているので、完熟になる前のものを摂取するのをおすすめします。
完熟のものより甘さが少なく、甘いものが苦手な方もさらっと食べられる可能性があります。

公式サイトはこちら

粉末緑茶を用いたアレンジ料理を紹介!

快糖茶は美味しいお茶ですが、何年も飲んでいるうちに飽きてしまう可能性もありますよね。
そのためにも知っておきたいのが、好みの味付けや料理にアレンジして摂取する方法。

快糖茶は粉末緑茶の一種です。
この粉末緑茶を利用したアレンジ方法はネット上にたくさん掲載されているので、ぜひアレンジの参考にしてみてください。

いくつかおすすめのアレンジ方法を紹介していきます。

抹茶ラテにアレンジ


ホットの快糖茶と同じく、寒い時期におすすめなのが、抹茶ラテです。

マグカップなどに快糖茶と砂糖をお好みの量入れて、少量のお湯で溶かします。
その上から温めた牛乳を注ぐだけ!

牛乳をお鍋で沸騰させて泡立てから優しく注ぐとおしゃれな見た目になりますし、お好みに合わせて牛乳と砂糖は調節することができます。

しかし、もちろん砂糖には糖分、牛乳には糖分・脂肪分が含まれています。
美味しいからと飲みすぎないようにしてくださいね。

カンタン!バナナと粉末緑茶のスムージー


バナナは食物繊維の豊富な食品なので、快糖茶と合わせて摂取することで食物繊維をより多く摂ることができます。
別々に摂取するのもそれぞれ美味しいですが、それよりもおすすめなのは快糖茶とバナナを一緒に調理してしまうこと。

そこで、バナナと粉末緑茶を利用したスムージーの作り方を紹介します。
バナナ1本につき、500mL程度の牛乳または豆乳を準備して、少量のお湯に溶いた快糖茶とともにミキサーでよく混ぜて、均一にします。それでできあがりです。

バナナの自然な甘さと緑茶の風味が美味しいですが、甘いものが好きな方ははちみつなどを加えるのもいいでしょう。
多めに完成するので、ご家族で飲むのがおすすめですよ!

粉末緑茶入りおやつも美味しいです


ダイエットや食事制限をしていても、おやつを食べたくなってしまうこともありますよね。
そんなときにおすすめなのが、手作りのおやつに快糖茶を混ぜてみること

クッキーやマドレーヌなどの小麦粉を使うお菓子の場合は、小麦粉と混ぜて一緒に振るうだけで、簡単に快糖茶を利用することができます。

いつも食べているお菓子に、緑茶の風味をプラスすることで、ティータイムにバリエーションが増えます。

クッキーやマドレーヌは糖質たっぷりのお菓子ですので、美味しいからと食べ過ぎないようにしてくださいね。

公式サイトはこちら

快糖茶の飲み方Q&A

最後に、快糖茶を飲むにあたってよくある疑問についてお答えしていきたいと思います。

毎日飲めというけれど、それはなかなか難しいんですが…。


生活が不規則な方は、なかなか飲むタイミングを決めるのが難しいでしょう。
食事と一緒に摂取しようと思うと、朝になったり昼になったり、飲む時間が整わないことも多いですよね。

そういう場合におすすめなのが、食事に関係なく時間を決めて飲んでしまうこと。
本来は食事と一緒に飲むのがいちばんですが、外食が多めの方はそれも難しいということもあるでしょう。

確実に飲めるタイミングを考えて、その時間をなるべく守ることをおすすめします。
食事と一緒に飲まなければ絶対に効果がない、というわけではありません。
根気よく続けることがもっとも大切なので、時間に関わらず続けていくようにしてください。

公式サイトはこちら

飲むタイミング、毎日飲むのを守る以外に血糖値や中性脂肪を抑える飲み方はあるの?


快糖茶を飲むタイミングと、根気よく継続していくことを守れていれば、快糖茶の効果は十分得ることができます。

「これだけじゃ満足できない!」「快糖茶を飲んでも全然お通じが無いんだけど…」という方は、1日1杯を超えて飲むことも可能ですが、基本的におすすめしていません。
増やす場合は、お腹の調子や体調を見ながら少量ずつにしてください。

血糖値や中性脂肪が気になる場合、快糖茶を増やすよりも、適切に飲みながら生活習慣の改善をしていくのがおすすめです。

食事療法や運動療法のほとんどは、快糖茶と併用することができるものです。
いくつか血糖値・中性脂肪対策を組み合わせて実施するのが目標達成への近道となるでしょう。

公式サイトはこちら

食べ合わせ・飲み合わせが悪い食品はありますか?


快糖茶の成分と似た成分を含んでいる食品などには注意が必要です。
たとえば、難消化性デキストリンを含んだ健康食品などを摂取することで、過量摂取となってしまい、お腹が緩くなってしまう可能性があります。

また、普段から緑茶やコーヒーなどのカフェインを多く摂取している方は、快糖茶を飲むことでさらに多くのカフェインを摂取することになりますので注意してください。

それ以外の食品で、特に食べ合わせ・飲み合わせが悪いような食品は存在しません。
さまざまな食事とあわせて、また組み合わせてアレンジしてみてください。

公式サイトはこちら

粉末緑茶のアレンジといっても、ダマになったりしないの?


快糖茶は水にも溶けるタイプの粉末茶ですので、一度お湯か水に溶いてから調理することで、簡単にさまざま料理にアレンジすることができます。

ダマにしないためのコツは、なるべくお湯で溶いて、よく混ぜてから料理に使用すること。
こうすることで、料理自体が冷えても、ダマにならず完成させることができます。

今回紹介したアレンジ料理は、きちんと手順通りに作れば問題なく調理できますので、ぜひ試してみてくださいね。

公式サイトはこちら
tiraをフォローする
快糖茶の口コミとダイエット効果 最安値で購入する方法も徹底解説!
タイトルとURLをコピーしました